いつだってキラキラ

好きと可愛いと幸せに溢れた言葉たち

NEWSという人たちは。

なんとなく最近NEWSのことを想うことが多かったので、それを残しとこうかな〜なんて思いながら綴ってます。

 

NEWSって私が嵐の次に興味を持ったジャニーズであり、その興味がファンへと発展して行ったことを皮切りに私のジャニオタ人生が始まってったも同然なのだけど、なんというかNEWSに対する姿勢や心持ちが特殊というか。掛け持ちまくり人生の一歩目のアイドルだったはずなのに、気づいたら唯一無二の、私の中にこれまでになかった存在だなと思って。

 

というのも、最初こそNEWSのこと”アイドル”として認識していたし、今ももちろん彼らがジャニーズ事務所の”アイドル”であるのは分かってるけど、ビジュアルがどうとか、キャラクターがどうとか、メンバー間の絡みがどうとか、いつからかそういう消費の仕方しなくなったんですね。

 

 

まあ、彼らには普通にアイドルのファンをしていたらしなかったはずの想いをさせられたり、心配事も尽きないし、1年前にもなりますが記憶に新しいであろう出来事もあったりしましたけども、そういうこと以前にいわゆる一般的なアイドルの消費の仕方ではない楽しみ方をさせてもらってるなと思うわけです。

 

 

私、NEWSの作る作品が大好きです。

NEWSの曲が好きで、NEWSのライブが好きで、ただただそれだけでもNEWSを見ていける自信がある。

曲が好きでライブが好きなんて他のグループだって同じです。でも圧倒的に違う。

 

胸張っていうことでもないけど、基本的にリリースやライブなどがないとNEWSを見てません。テレビも雑誌もチェックしません。ラジオは気が向いたら。作品がリリースされる事実や、ライブ開催されることにすら、うっすい反応してしまったりもして。

 

でも作品を手にしたときにはそれに虜で、ライブへ行ったら彼らが魅せる全てに脱帽。そしてその度に実感する、NEWSの作る作品への全面的信頼と期待。想像を超えてこないことがない。

#想像することがみちしるべ なんて言ってますが、私の想像したことがNEWSの作品を受け入れるためのみちしるべになったことはほとんどありません笑 いつも遥かに上にNEWSの魅せる世界がある。

 

 

音楽が気軽に聴く時代に、数曲が1枚にまとまってるアルバムの中から1曲だけを抽出して聴くこともできる時代に、NEWSはその逆をいく。

アルバム・プロジェクト

 という長期に渡る壮大なプロジェクトを2017年より行っており、私たちが想定している限りそれは来年終幕を迎えます。

これがとんでもない。とんでもないんです。

私が想うに、このプロジェクトではNEWSの魅力が最大限に生かされていて、こんなにも上質なエンターテイメントなのに、それに気づかない人がなんでこんなにもいるんだろうと思うわけです。

まあ、今もなお外にも内にも敵がいる状態ですからなんとも言えませんが。当の私も、彼らを嫌煙する友達の母親にいつまでファンでいるのかと言われているみたいですが。笑

 

まあ、そんなことはどうでもいいんですが、NEWSにつきまとう色々を踏まえてでも、NEWSを観ることを辞めない選択をする人間がいるよ、ということがここまでで分かってくれると嬉しいです。

 

 

NEWSが生み出す作品、エンターテイメントと呼びましょうか。彼らのエンタメが心底面白くて、興味深くて、求めてしまう。

アイドルの作品性に細かな伏線って別に張らなくったっていいじゃないですか、かっこいい、かわいい、アイドルが頑張っていて、ステージに一生懸命立ってくれてて、愛が溢れて、幸せ。そういう空間で十分なはずなんです、アイドルは。別にNEWSだけがやってることではないんだろうけど、他のグループだって面白くて最高で期待しているけど、別次元で、私にとっては格別唆られるエンタメを提供してくれるのが、”アイドル”グループであるNEWSです。

 

来年終幕すると思われるアルバムプロジェクト、その着地点がどこにあるのか、どのようなエンディングを迎えるのか、そこに行き着いたあと、次NEWSはどこに向かうのか。

 

これまでになかった最高の体験を提供してくれるアルバムプロジェクトが終わってほしくない、いつまでもワクワクして楽しんでいたいという気持ちもありながらも、次の展開を欲してしまう、なんとも強欲っぷりを発揮してしまっている模様。

 

 

ドーム公演をしてほしい、24時間テレビのパーソナリティーをしてほしい、ドームツアーしてほしい。冠番組ほしい、レギュラーほしい、映画出てほしいドラマ出てほしい舞台やってほしい・・・・・

アイドルが公に羽ばたいていくことを望むのがアイドルのファンらしいと思う。他のグループに関しては私もそう。

 

けれど、NEWSというグループに関しては、そういう具体的な夢を預けているのではなく、彼らが生み出す物語性の強いエンターテインメントへの期待と、未来の展開への待望が全てだなあと思ったまでです。

 

 

 

NEWSというグループにつきまとう物語を払拭するための作品の物語性。それがここまで人をワクワクさせるんだなあ。

 

 

 

 

 

 

追記

と、WORLDISTA ツアー最終公演が終わる直前に更新しました。が、

なんともう次が発表されました。

 

STORY

 

ファンから現実のストーリーを募集するらしいですが、いつどういう形でどんなSTORYになるのか・・・・ドキドキが止まりません。