いつだってキラキラ

好きと可愛いと幸せに溢れた言葉たち

SexyZone LIVE TOUR 2019 PAGES

今年もゴールデンウィークはSexyZoneのライブを求め、横浜アリーナへ足を運びました。

 

一昨年、いつかまたセクゾのライブに行きたい、と直後にそんな言葉を残し、結局ずぶずぶ沼に陥り今回で3度目の春になったなぁ。

 

 

去年一昨年とは違うことは、自担がいないこと。

 

自担がいないとわたしはどうなるかというと、視点を失ってキョロキョロするんですね。

 

別界隈で推し不在公演行ったことあるからその状況初体験ではなかったけど、そのときはただインフルになっていなかっただけで、おおよその復帰は予想できたから、あー推しのパフォーマンス見れないの残念だったなぁくらいの気持ちでした。でも今回はそうもいかず、復帰がいつなのか、いまどういう状況なのか、想像できない、知らされてない現状。わたし、4人のSexyZoneを目の当たりにしてどう思うんだろうとソワソワしながら行きました。

 

 

 

これは人によって色々だと思うけど、わたしは今年のコンサートに行くことには一切躊躇しなかったんです。

誰かがいない状態だとしても、それが自分が1番好きなメンバーだとしても、私はSexyZoneというグループが大好きで、その大好きなグループが前に進むことを、ツアーを決行することを決めたからには、SexyZoneの今を逃すわけにはいかなくて。

 

それに、ツアーに行けば、彼らが彼のことをどれだけ想ってるのか直に伝わってくるだろうなと思ったから。実際そうだった。メディアであんまり彼のことを話さない、影を見せないようにしているようだった4人だったけど、ライブでは言葉にせずともパフォーマンスや演出、私が入った公演では言葉でも伝わってくるものがあった。行ってよかったと心から思いました。

 

 

 

 

 

ずっと重くなるのもアレなのでライブの感想を述べますと、とっっっても楽しかった!! 

 

これまで以上に自ら走り回って動き回ってるSexyZoneは楽しそうで、こっちも目が回りそうになるくらい色んな展開が待っていて、かっこいいもかわいいもおもしろいも沢山詰め込まれていて、緩急のある楽曲たちを惜しみなく魅せてくれて、最高でした。

 

今回も中心になって演出を作ってくれた風磨くん。スタイリッシュに魅せることをやりたいんだと思ってたけど、今年はアイドルモード全開で、小学生コスという吹っ切ったコーナーを作ったり、おふざけバンド映像からおふざけゼンゼンカンケイナイとか、そういう明るい場面が多かったなぁと。

色々考えるかと思ってたし実際ふとした瞬間にああ、彼がこの曲を踊ってたなら…とか思ったりしちゃったけど、それでもSexyZoneのライブをみて自然に笑ってたな。心から楽しめたよ。

 

 

 

でもあー全力で楽しんじゃったな、とは思った。ラストの映像やぎゅっとやいつまでもいつまでもや挨拶でグズグズ泣いたけど、満たされちゃったなと思って。

 

ずーっと悲しんでるより楽しめてよかったな、とは思ってるんだけど、なんか楽しんでしまったっていう罪悪感とまではいかなくとも、なんだか心の引っ掛かりがあって。

 

でも横アリ2日目で増えたらしい5人のシルエットといい、最後の挨拶で今までより直接的な言葉で聡ちゃんについて触れてくれたり、見えないところで何か動きがあるのかなあなんて思ったりしてます。わかんないけどね、なんとなく。

 

(あ、勝利くんが言ってくれた5色のペンライトの話以降、なぜか開演前緑に染まり始めたけど、いち松島担から言わせてもらうけど、私たちのアイデンティティー奪わないでってちょっとばかし思ったよ。あんまり特別にされちゃうと、それこそそれを見ていてなんか悲しくなるから。みんな好きなメンバーカラー照らしてさ、緑を照らすのは会場にいる松島担で、そうして5色が綺麗に染まるでしょう?)

 

 

 

寂しかったけど、悲しくはなくて、楽しかった2019年春でした。

 

ずっと待ってるよ。