いつだってキラキラ

好きと可愛いと幸せに溢れた言葉たち

#ジャニーズをデジタルに放つ新世代。-SixTONES-

10年以上ジャニーズのグループのファンを続けてますが、今が1番楽しいです。

 

 

 

SixTONES、楽しすぎる。

 

 

 

 

Jr.って私が一生通らない道だと思ってたんですね、2年くらい前までは。

だからその固定観念をひっくり返された反動ってのもあるとは思うけど…

本腰入れ始めて約1年、SixTONESのファン楽しすぎました。

 

 

 

現場の種類はデビュー組より遥かに多いし、細々したコンテンツ沢山あるし、私が本腰入れて数ヶ月でタイミング良くYouTubeという神コンテンツが始まったし、それと同時に情報局動画も力入れてくれてるし、少年倶楽部で定期的にテレビでもパフォーマンス見られるし、色んな新しい仕事が決まることを新鮮に喜べることの幸せに改めて気づかされたし、もどかしい気持ちになることもハラハラすることも多いけど、毎日彼らが大きくなる夢を願って考えてる時間があって、ワクワクドキドキ、とにかく楽しい。

 

 

そんなことを思ってたらまた、新たな前代未聞のお知らせが。

 

 

 

一昨日の夜、気分でTwitter消したんですけど、消す直前にSexyZoneがめざましに出るという情報を見たので、昨朝起きてすぐYahoo!リアルタイムで検索かけたら、セクゾちゃん噂になってたクレンジングのCM決まってた!!やった!と思ってその趣旨のツイートを見て、最後のところまでスクロールしていたら、話題なう的なところにSixTONESの文字が。なにごとかと思ってポチると…品川駅に??SixTONESの?YouTubeの広告があるらしい!!??

 

 

 

バカイケメンな6人のキメッキメなビジュアルのポスターと、最高にかっこいいキャッチコピー

"ジャニーズをデジタルに放つ新世代  SixTONES"

 

 

 

無料コンテンツのYouTubeにこんな大きな広告をかけるなんて、さすがジャニーズ金あるなぁ…とか思ってて、でもSixTONESだけをこんな大々的に取り上げるんだ??再生回数的に判断したのかすごいなぁ…なんて朝の時点では思ってたんですけど、続々入ってきた情報で

 

 

YouTubeアーティストプロモキャンペーン というものにSixTONESが起用されたらしい

・ジャニーズJr.チャンネル主体というより、YouTube側主体で世界各地で行ってるキャンペーン

・品川駅にあるいまのポスターは11/4まで

・それ以降はメンバーごとのポスターなどが都内に貼り出されるらしい

・11/5にこのキャンペーン用のMVが公開される

 

 

なんだか急展開すぎるけどとにかく凄い!!

凄すぎるかっこよすぎる誇らしすぎる!

 

 

新しい世界の切り拓き方あったね、、、

ジュニアという立ち位置にいて、デビュー組のやってないことをやるってこういうこともそのひとつだね。

ほんとにジャニーズをデジタルに放つ新世代になってくれSixTONES

 

 

 

 

 

 

 

そしてさきほど、定期から全然離れてるけど学校帰りに品川駅に行ってまいりました。もうね、あのドデカさは感無量。

 

中央改札通る人はスマホ見ながら下見て歩いている人以外はみんな目に入れるはずだよ。それにたぶんいつ行っても誰かしら写真撮ってそうだから、それにつられてなんだろう?って上見る人も沢山いると思う。私がいた時間帯もそういう人結構いたよ。

 

あと、みんな言ってると思うけど、対して関心のない人からしたら、ジャニーズからまた新しいグループデビューしたんだなぁと捉えられると思う。新世代って言葉が強すぎる。

 

黒字に白い文字でグループ名とキャッチコピーがドーンと書かれた吊り広告が一枚、その両側にメンバーが横一列に史上最高にカッコよく映っている吊り広告があって、YouTubeの文字は角にあるだけだからぱっと見はイケメン集団のポスターだなぁといった感じだし、よくみたら一人一人超絶イケメン集団だし、文字読んだらジャニーズの新世代なのね?ってなる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

色々想像しちゃったよ。

いつかもっとでっかいグループになって、街中にSixTONESのメンバーが起用された広告が貼り出されてる世界。

 

きっとそんな時代には私、それを新鮮に喜ぶことはせずに、今日みたいにわざわざ課金してまで観に行くこともせず、あ~またあるのねぇなんて思ってるんだろうな。でも昨日の驚き、今日の感動は絶対に忘れないでおこうってここに誓うよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これはオタクの願望でしかないけど、このプロモきっかけで名前を知る人もいるだろうし、もしかしたらファンになるところまで行き着く人が出てくるかもしれないし、また次の仕事に繋がるかもしれない。これを皮切りにどんどんSixTONESと見る世界が変わっていくかもしれない。この波に乗って、来年5/1の新しい年号が始まる日に、SixTONES結成4周年の日にCDデビューの夢が叶うかもしれない。もう一度言うけどこれは都合のいいオタクの思考回路による楽しすぎる妄想かつ願望でしかないんだけど、それが本気で起こりそうにも思えるこの異例の新しい事態が嬉しくて嬉しくてたまらない。幸せなオタクだこと。

 

 

 

 

 

 

ジャニーズがデジタルなコンテンツに積極的になってきた2018年、そのデジタルに乗ることで、これまで小さな世界で魅力を発揮してきたJr.達が、世に放たれる時代が訪れた。CDデビューするしないに関わらず世界から脚光を浴びる、そんな新しい時代が幕開けするかもしれない。